有名なウォッカといったらこの銘柄!これだけ知っておけば十分

有名なウォッカといったらこの銘柄!これだけ知っておけば十分

アブソルート

ウォッカ業界に革命を巻き起こしたのがアブソルートウォッカ。
ウォッカの純度を高める技術「連続式蒸留」を導入して作られています。
ピュアだからこそ生まれる味わいがそこにあります。
寒い北欧スウェーデン原産らしいストレートでも美味しい味わいが特徴です。

 

 

ストリチナヤ

質の高い穀物ときれいな天然水から作られるウォッカ。
ストリチナヤはロシア語で「都市」という意味です。
その名の通りストリチナヤはモスクワで生まれました。
言ってみればロシアを代表するウォッカといっても過言ではないでしょう。
ロシアで知らない人はいないといっても過言ではないくらい、本場のウォッカです。

 

スポンサードリンク

 

ズブロッカ

ポーランドでは100年以上の長い間愛され続けるウォッカです。
特徴的なのが、中に入ったバイソングラスという香草。
バニラのような甘い香りが生まれます。
日本人にとって馴染みやすい「桜餅」の味にも例えられるフレーバードウォッカ。是非お試しください。

 

スカイ ウォッカ

 

 

原料はアメリカングレーン100%のウォッカ。それがスカイウォッカです。
クリアでスムーズな味わいはどんなカクテルにも合います。
スタイリッシュなコバルトブルーのボトルは飾っておくだけで絵になります。
クリアな味なのでそのままでも美味しいですが、スカイウォッカを元に考案されたカクテル「スカイブルー」も是非お試しください。

 

 

 

スピリタス

 

 

世界最強のアルコール度数を誇るウオッカです。
スピリタスのアルコール度数はなんと96度!
空腹時にそのまま飲んだり、タバコを吸いながら飲むと大変なことになるので注意してください。
美味しさというより、パーティなんかで話の種になりそうなウォッカですね。
おすすめなのはスピリタスを使った果実酒を作ること。パンチがあって美味しくなります。
その他のアルコール度数の強いウォッカはこちら:アルコール度数が高いウォッカランキング!

 

ウィルキンソンウォッカ

ドライなジンジャーエールで有名な"ウィルキンソン"のウォッカ、国産だってご存じでしたか?
国産らしい丁寧な造り方で、そのままでもカクテルでも美味しく飲めるように仕上がっています。
国産ウォッカを選ぶなら、まずはウィルキンソンでしょう。

 

アブソルベントプレミアムウォッカ

ポーランドで一番売れているのがアブソルベント。
冷凍庫でキンキンに冷やしてトロトロにしたウォッカをグイッと飲むのが本場流です。
一度試せばその舌触りの虜になること請け合いです。

 

ギルビーウォッカ

 

こちらもジンで有名なギルビー製造のウォッカです。
クリアなのでカクテルにもいいですが、すっきりしているのでチューハイなど焼酎に近い感覚で楽しめます。

 

スポンサードリンク

 

スミノフウォッカ

ロシア皇帝御用達だった伝統あるウォッカで、世界で1番売れているのがスミノフレッドです。
ストレートだと若干エグみを感じますが、カクテルにすると飲みやすくなります。
価格もお手頃なのが嬉しいですね。

 

 

サントリーアイスウォッカ

日本人による日本人のための飲みやすいウォッカ。
大人しくクリアな味なのでストレートでも飲めます。もちろん柑橘系カクテルにも合います。
協調性を重んじる日本人みたいなウォッカです。

 

グレイグースウォッカ

フランスで生産されている高級ウォッカです。
通常ウォッカはピュアさとクリアさを追求しますが、グレイグースは原材料の旨味を引き出すために蒸留も濾過も最低限しかしません。
そのまろやかな旨味は様々なコンテストで表彰されてつづけています。

 

 

タンカレースターリングウォッカ

 

タンカレーといえば180年以上ジンを造り続けているメーカーで、レシピは極秘。
そのタンカレーが製造したウォッカで、なかなか手に入らないファン垂涎の一本。
ロンドンドライジン同様、消火栓をデザインしたボトルはスタイリッシュです。

 

 

シロックウォッカ

ワインの製法を用いて抽出された、フランス産ウォッカです。
原料にブドウを使用しているため、フルーティーな香りが楽しめます。
ストレートも良いですが、フルーツジュースとの相性も抜群です。
化粧品のようなボトルがおしゃれで、飾っておくだけでも絵になります。

 

スポンサードリンク

 

フィンランディアウォッカ

六条麦芽を原料に使用しているフィンランディアは穀物の甘みを感じられるプレミアムウォッカです。
ストレートやロックでも美味しくいただけます。
フィンランドの大自然の氷河水を使って仕込んでいるため、角のないクリアさが特徴。
氷をイメージしたボトルを眺めながらロックグラスを傾けたくなります。
イガノフウォッカ
カクテルに使うと面白いスペイン産のウォッカです。
トニック、オレンジなど柑橘のジュースで割るだけで美味しいですが、おすすめはドライ・ジンジャーエールで割ったモスコミュール。
もちろんそのままでも美味しくいただけます。

 

ファイヤースターターウォッカ

ユニークなパッケージがアメリカのクラブで大人気のウォッカです。
外見だけじゃなく、モルドヴァで生産されている本格的な味わい。カクテルベースに重宝します。

 

バートンウォッカ

徳用サイズがあるので、自宅やパーティ向けのウォッカです。
クセがないクリアな味わいなので、ウォッカベースのカクテルならなんにでも合います。

 

 

ブラヴォドウォッカ

ミャンマーの薬草「ブラックカテチュー」を漬け込んだ、珍しい黒いウォッカ。
見た目は黒いですが、味はマイルドで風味も豊か。まるでイカスミのようです。
意外とカクテルベースで使用されることが多く、柑橘系ジュースとの相性が抜群です。

 

ベルヴェデールウォッカ

白ワインのように飲みやすいウォッカ。
バニラエッセンスの香りと口当たりスムースさが特徴のウォッカです。
映画007でジェームスボンドがマティーニを注文するときにも登場します。

 

スモークウォッカ

超スモーキーな個性派のウォッカです。
イングリッシュオークで香り付けされたウォッカはもはや、スコッチのアイラモルトのよう。
面白いウォッカを飲みたいなら、是非おすすめです。

 

スポンサードリンク