スカイウォッカのおいしい飲み方と割り方

スカイウォッカのおいしい飲み方と割り方

スカイウォッカとは?

ウォッカというとロシアや東欧などで親しまれるお酒として有名です。
しかし、アメリカでも以前からウォッカがよく飲まれるようになり、ウォッカのブランドもできました。

 

その中の一つが、有名なスカイウォッカです。

 

スカイウォッカの歴史はまだ浅く、1992年にアメリカのサンフランシスコにあるスカイスピリッツLLCという会社が製造をスタートさせたのが始まりです。
スカイウォッカは、アルコール度数40%で不純物を含まない丁寧なこだわりの製造方法にも特徴があります。
アメリカングレーンを100%使用し、なんと4回の蒸留と3回のろ過を経て、透明度と純度の高いウォッカを作りだしています。

 

スポンサードリンク

 

酒好きの私が選ぶ、おすすめのウォッカランキングベスト5!でもご紹介していますが、キレイなコバルトブルーの瓶ボトルとプラスティックの白いラベルが特徴的です。
スカイウォッカには他にもラインナップがあり、アルコール度数45%とちょっと高めのスカイ90ウォッカは、高級ブランドとして販売されています。
アンバーホワイト種の上質な小麦を使用し、マティーニベースの香しい香りとすっきりとした飲みやすい味わいに仕上がっています。

 

他にもスカイウォッカにシトラスとライムのやや酸っぱい柑橘類の風味をプラスした、爽やかな味わいのスカイインフュージョンズシトラスも人気のシリーズです。
ボトルはコバルブルーをベースに、ライムの黄色の絵柄と「SKYY」の文字ラベルが目を惹きます。
アルコール度数37%と少し低めなのも特徴です。
更にスカイウォッカに甘酸っぱいラズベリー風味を加えたスカイインフュージョンラズベリーは、とくに女性に人気です。
こちらもボトルの赤いラズベリーの絵柄がついているのが特徴です。

 

スカイウォッカおすすめの飲み方教えます!

スカイウォッカの美味しい飲み方としては、まずウォッカ本来の味わいを楽しむためにはストレートで飲むのがおすすめです。
よく冷やすととろみがついて美味しいので、ボトルごと冷凍庫に入れましょう。
アルコール度数が高いため、凍って瓶が割れる心配もありません。
ショットグラスに注いで、ライムやレモンの輪切りと塩を用意して、口の中に一緒に入れてウォッカをあおりましょう。

 

スポンサードリンク

 

またスカイインフュージョンズシトラスなどフルーティーな風味のあるものだとより口当たりも飲みやすいでしょう。
スカイウォッカのようなアルコール度数が高いお酒は、風味を楽しむためにロックでの飲み方もおすすめです。
氷を入れたグラスに、スカイウォッカを注いで、オレンジやレモンなどの柑橘系のフルーツの果汁を絞って入れるとより口当たりがよくなります。

 

他の飲料との美味しい割り方はコレ!

お酒があまり強くない、ストレートやロックでは濃すぎて飲めない方なら他の飲み物と割ると飲みやすくなります。
スカイウォッカの美味しい割り方には色々なバリエーションがあるのでぜひ参考にしてみて下さい。
スカイウォッカをグラスに注いでトニックウォーターを適量入れて割り、ライムを少し絞れば、ウォッカトニックができます。

 

更に、スカイウォッカにソーダとライムジュースを加えて作るウォッカリッキーもおすすめです。
ライムの爽やかな香りとソーダの炭酸がしゅわっと喉を刺激してさっぱりとした味わい、香りのカクテルに仕上がります。
スカイウォッカをジンジャーエールで割り、レモンを絞って作るスカイバックはジンジャーのピリリとした刺激があり、ややきつめのカクテルです。
そして、同じくスカイウォッカをジンジャーエールで割ったものに、レモンではなくライムの果汁を絞るとお馴染みのモスコミュールが出来上がります。

 

スカイウォッカをオレンジジュースで割って出来るスクリュードライバーも、オレンジの甘みや酸味がスカイウォッカと相まって、とてもフレッシュで飲みやすいカクテルです。
またグラスの縁をレモン果汁で濡らしてから塩をつけ、そこへウォッカとグレープフルーツジュースを注いで作る、ご存知ソルティドックもスカイウォッカの美味しい割り方の一つです。
グレープフルーツジュースの酸味と塩が口の中でマッチし、ウォッカの旨みを引き立ててくれます。

 

スポンサードリンク

 

他にもウォッカをトマトジュースで割って、お好みでタバスコやペッパーを添え、輪切りのレモンを浮かべるブラッディマリーはトマトジュース好きにおすすめです。
少しアルコール度数が上がるスカイウォッカをお酒で割り、やや甘めに仕上がるカクテルも甘いものが好きな女性に人気です。

 

スカイウォッカに杏仁でできたアマレットというお酒で割るゴッドマザーは、杏仁豆腐や杏露酒が好きな方には最適でしょう。
更にスカイウォッカをコーヒーリキュールで割るブラックルシアンは、コーヒーの芳醇な香りと少しビターな味わいが癖になるカクテルです。

 

コーヒーの味が強すぎるなら、更に牛乳を入れて割れば、よく知られているカルーアミルクにもなります。
スカイウォッカには色々な飲み方、割り方があるので試してみましょう。

 

スカイウォッカは二日酔いにならない?

スカイウォッカは悪酔いしないウォッカとして知られていることをご存じでしょうか。
というのも「二日酔いの原因はアルコールに含まれる悪酔い成分によるが、これを蒸留と濾過を繰り返し取り除いたのがスカイウォッカである」と、なんと製造会社の会長が自分で断言しているからです。

 

ただアルコールを分解したときに出来るアセトアルデヒドを分解しきれずに体内に残ると二日酔いになると言われています。
となるといくら濾過してもアルコールが入っている以上、二日酔いは避けられないような気もしますが・・・。
・・・信じるか信じないかは、あなた次第です(笑)

 

こちらもよく読まれています
酒好きの私が選ぶ、おすすめのウォッカランキングベスト5!

 

ウォッカを楽しくするおすすめグッズ

オークボトル

 

短時間で熟成が出来るマイ樽ボトルです。
通常エイジングには数年~数十年かけますが、酒が樽に触れる面積が広いので数時間~24時間で熟成できます。
ウォッカを樽熟成させたものは少ないですが、「チェイスウォッカアードベックカスク」などがそうです。
チェイス ウォッカ アードベッグ・カスクの詳細はこちら
自宅でオリジナル・ヴィンテージウォッカを作るのも楽しいですよ。

 

OAK BOTTLE (オークボトル)の詳細はこちら

 

オンザロック石

 

凍らせて薄まらない氷として使えます。
ウォッカは冷凍庫でトロトロにするのもいいですが、この氷をたっぷり入れて冷やして飲むのも旨い。
薄まらないウォッカ・ロック、もしくは冷やしたままだけど薄まらないカクテルを楽しみたいときに重宝します。

 

石のアイスキューブオンザロックスの詳細はこちら

 

ステンレスタンブラー

 

千原ジュニアさんもおすすめしてるのが、ステンレスタンブラー。
最後まで冷えたまま飲めますし、氷もなかなか溶けなくなる優れ物です。
冷やしたウォッカトニック、モスコミュールを一気飲みしたくなります。

 

サーモスタンブラーの詳細はこちら

 

 

スポンサードリンク