ウォッカの度数はどれくらい?度数が高いウォッカと低いウォッカ

ウォッカの度数はどれくらい?度数が高いウォッカと低いウォッカ

一般的には40%だけど高いものだと90%を超えるものも

ロシア・中東欧で親しまれる蒸留酒であるウォッカ。
ライ麦や大麦、ジャガイモなど穀物によって作られるのが主流ですが、フルーツによって味付けされたタイプのもあります。
アルコール度数が高いことで知られている蒸留酒のウォッカですが、一般的なアルコール度数はおおよそ40%です。
銘柄や製品によって度数が異なりますが、多くのものが40%台に集中しているためこのように表現されます。
さすが、雪国で作られている蒸留酒だけあり、アルコール度数は高めです。
また最も高い度数となると、その数字は90%を超えてきます。

 

スポンサードリンク

 

他のお酒のアルコール度数は、ビールが5%、日本酒が15%、焼酎が25%ですから、日本で主流となっているお酒と比較してもウォッカの度数がいかに高いかが解ります。
ちなみにロシアではお酒=ウォッカを指していて、それ以外のビールやワインはお酒と思っていない人もいます。
度数が強いぶんアルコールの香りも強く感じられるといった特徴がありますが、なかにはアルコール臭を抑えてある商品も多いため、それぞれの商品の特徴を知っておくと上手に楽しむことができます。

 

世界一アルコール度数が高いお酒

ウォッカは世界各国様々な銘柄がありますが、その中でも最もアルコール度数が高いのがポーランド産のウォッカ「スピリタス」です。
70回以上蒸留を繰り返し、高いアルコールを抽出して作られたウォッカで、そのアルコール度数は96度。
ウォッカに限らず世界中のあらゆるお酒の中でもナンバーワンの度数を誇ります。
アルコール度数が高すぎるため、これをそのまま飲むのは滅多なことですが、もちろんストレートでも飲めないことはありません。
ストレートで飲むとまずは刺すような痛み、強い焦熱感に襲われますが、それを過ぎると不思議と甘みを感じるようになると言われています。
ただ基本的には医療用や果実酒、カクテルなどを作る際に使われることがほとんどなので、ストレートはメジャーな飲み方ではありません。
またその高すぎるアルコール度数からほんの少しの火種でも発火してしまうので、保管場所など取り扱いにも注意が必要なお酒です。

 

アルコール度数2位のウォッカはなんと日本製

2番目に高いアルコール度数を誇るウォッカは、意外にも日本産です。
「ドーバースピリッツ88」という商品で、アルコール度数は88%あります。
そもそも日本で広く親しまれている焼酎はウォッカと同じ蒸留酒ですから、その製造技術を応用することでここまでアルコール度数の高いウォッカを作ることができるというわけです。
ドーバースピリッツ88は純粋の酒精をそのままに度数を上げて作られているので、フルーツなどとの相性が良く、カクテルベースに最適なウォッカとして知られています。

 

香ばしさが特徴のブルガリア産ウォッカ

日本産のドーバースピリッツ88と同率2位のアルコール度数を誇るのが、ブルガリア産のウォッカ「バルカン176」です。
原料は厳選された大麦のみで、たった3回の蒸留でアルコール度数を上げてある、他と比べても珍しいウォッカです。
白樺活性炭による濾過時に水分量を調整することで、少ない蒸留数でもこの度数を実現しています。
良質なグレーンの旨みを味わえるのが特徴で、カクテルのベースにすると香ばしい薫りも一緒に楽しむことができる、プレミアムウォッカです。

 

スポンサードリンク

 

段違いにアルコール度数が低いウォッカは無い

アルコール度数80%を超えるものとは反対に、度数の低いウォッカももちろん存在しますが、基本的にウォッカというお酒はアルコール度数が高いものなので、ビールや日本酒のようにアルコール度数が5%、15%というようなものはありません。
一般的な製品の度数が40%であるため、これより数値が少なければアルコール度数低めに分類されます。
40%を切るものでよく知られているのがギルビーウォッカで、これはイギリスのW&Aギルビー社が製造している製品です。
アルコール度数は37.5%。
150年以上の伝統製法を守り続けているメーカーであり、質の高い蒸留器を使って磨き上げ丹念に濾過していることから、作られるウォッカは滑らかな味わいと洗練された香りが特徴となっています。
口あがりがまろやかで飲みやすいことから、初心者でも手が出しやすいウォッカとしても知られています。

 

フレーバーウォッカはアルコール度数も低くなる

ギルビーウォッカよりもさらに5%低い、アルコール度数37%のウォッカが、スカイウォッカのインフュージョンシトラスです。
アルコール度数40%のスカイウォッカにシトラスとライムがプラスされた爽やかな商品で、滑らかな口当たりと爽快感が味わえます。
フレーバーウォッカなので厳密にいえば純粋なウォッカではありませんが、カクテルにしなくてもそのままシンプルに楽しめることから、初心者にもおすすめできる製品です。

 

初心者はフレーバーウォッカからスタートしてみて

ウォッカはアルコール度数が低いものでも37%くらいまでしか無いので、普段お酒を飲まない人や度数が低いものしか飲まないという人には強すぎて、なかなか飲みにくいお酒とも言えます。
しかし純粋なピュアウォッカでは無くレモンやシトラス、オレンジなどの風味が加えてあるフレーバーウォッカであれば、カクテルのような感覚で飲めますから、こちらから始めてみると良いでしょう。
こういったものはアルコールの臭いも抑えてあるので、あまり強いと感じず飲めるものも多いです。

 

スポンサードリンク