紅茶カクテル「ロングアイランドアイスティー」

スポンサードリンク

紅茶カクテル「ロングアイランドアイスティー」

アメリカのニューヨーク州ロングアイランドで1980年代初めに生まれたカクテル「ロングアイランドアイスティー」。
紅茶を一切使わず、あのアイスティーの味と色を出したカクテルとして有名です。
ロングアイランドでバーテンダーをしていたロバートバッツが考案したという説と、テネシー州にある同じロングアイランドという街から名付けられたという説があります。

 

作り方は、ウォッカ、ラム、テキーラ、ドライジンを各15ml、レモンジュース30mlをコリンズグラスに注ぎ入れ、コーラでグラスを満たしステアし、レモンスライスを飾り付けて完成です。
紅茶の味に近づけるには微妙な調整が必要になりますが、テキーラの様なクセの強い材料は省いたり、コーラの量が多いと紅茶の味から遠ざかるので注意したりすることが大事になります。

 

材料を見ても分かるとおり、アルコール度数の高い材料が多いです。
出来上がるロングアイランドアイスティーは、アイスティーの味がしてても、アルコール度数25度以上になるので、飲み過ぎに注意しましょう。

 

スポンサードリンク