塩がグラスを飾るカクテル「ソルティドッグ」

スポンサードリンク

塩がグラスを飾るカクテル「ソルティドッグ」

船の甲板で潮水をかぶりながら汗まみれ、塩まみれになって働く姿から名前が由来したカクテル「ソルティドッグ」は、1940年代にイギリスで生まれたと言われています。
元々、ジンベースのカクテルで、呼び名も「ソルティドッグコリンズ」というカクテルでした。
ソルティドッグが本格的に流行したのは、1960年代にアメリカに渡ってからになります。

 

作り方としては、ウォッカを20ml、グレープフルーツジュース40mlを、塩でスノースタイル(グラスの淵に塩が付いた状態)にし、氷の入ったオールドファッションドグラスに注ぎ入れステアすれば完成です。
ちなみに、スノースタイルにしない場合は「ブルドッグ」「テールレスドッグ」「グレイハウンド」等と呼び方が変わります。

 

グレープフルーツのすっきりとした口当たりと喉ごしが特徴のカクテルですが、スノースタイルの塩をグラスに落としてから飲む人や、先に塩を舐めてから飲む人と様々な飲み方があります。
自分の好みの方法で飲んでも、塩を残しても失礼にはあたらないので、安心して味わってください。
割る材料が1種類だけなので、味の調整がしやすく男性でも女性でも味を楽しむことができます。

 

スポンサードリンク