色々なウォッカを飲んでみた感想

スポンサードリンク

色々なウォッカを飲んでみた感想記事一覧

スミノフウォッカの味は?おすすめの飲み方と割り方をご紹介!

スミスミノフのウォッカをいろいろな飲み方と割り方で試してみました。実際に飲んでみて、美味しかった飲み方を紹介していきます。何で割るかでスミノフウォッカの味が全然違っていて面白かったです。ちなみに販売サイトのスミノフの紹介文は3回の蒸留の後、白樺活性炭で10回も濾過。1滴1滴を作り出すのにじっくりと8...

≫続きを読む

ギルビーのウォッカを飲んでみた感想|おすすめの飲み方は?

ギルビーのウォッカですね。ほとんどのバーで置いてあるんじゃないでしょうか。色々な飲み方で試していきたいと思います。ギルビーウォッカの紹介ですが、高さ35mもある連続式蒸溜機で2回の蒸溜を重ね、原料のアルコールに磨きをかけ、雑味を取り除くことで、ギルビーならではのスムースな味わいを実現。白樺活性炭を使...

≫続きを読む

スピリタスのウォッカを飲んでみた|おすすめの飲み方と割り方は?

ススピリタスといえば、ウォッカに詳しくない方でも知っているかもしれません。スピリタスのアルコール度数はなんと96%です。医療用の消毒アルコール度数が80%くらいですから、これを軽く超えてきてます。販売サイトから引用■アルコール度数が96度。純正アルコールに近い純粋さを得るために、大麦とライ麦を原料と...

≫続きを読む

ズブロッカのウォッカを飲んでみた|おすすめの飲み方と割り方は?

ズブロッカは香草で香りを付けたウォッカです。バイソングラスと呼ばれる香草で、ポーランドの世界遺産「ビアウォヴィエジャの森」に生えている貴重なイネ科の植物です。写真でも一本入ってるのが分かるでしょうか?バニラやアーモンドの香りがして、野生のヨーロッパバイソンが好んで食べることから、「バイソングラス」。...

≫続きを読む

ストリチナヤのウォッカを飲んでみた感想|おすすめの飲み方は?

ウォッカの本場、ロシア産です。その歴史は古く、100年以上だとか。ストリチナヤは「首都の」という意味です。アメリカでも人気のウォッカ。良質な穀物と天然の温泉水から造られたロシアを代表するウォッカです。石英砂と白樺炭による4回のろ過工程により、滑らかな口当たりとすみきった味わいに仕上げられています。ホ...

≫続きを読む

アブソルートのウォッカを飲んでみた感想|おすすめの飲み方は?

アブソルートのボトルから漂う透明感。確かにラベルが貼ってありません。ボトルに直接印刷されているようです。ボトルの美しさは堂々の一位ではないでしょうか。インテリアとして置いておくのもありです。スウェーデンの南部、オフスの蒸留所で一元製造・一元管理で造られる良質な原料にこだわる酒名そのままの「究極」のプ...

≫続きを読む