スカイウォッカを飲んでみた感想|おすすめの飲み方と割り方は?

スポンサードリンク

スカイウォッカを飲んでみた感想|おすすめの飲み方と割り方は?

ウォッカのおいしい飲み方知りたい人必見!おすすめの割り方はこれ!でもウォッカのおすすめの飲み方をご紹介しましたが、今回はスカイウォッカにフォーカスして美味しい飲み方を探してみます。

 

ブルーのボトルがとてもおしゃれなスカイウォッカ。
置いておくだけでもなんだかインテリアになりそうですね。

 

二日酔いに悩む発明王のモーリス・カンバー博士が1992年に生み出したウォッカ。ブルーのボトルが特徴的な、スタイリッシュなウオツカ。独自の温度調整法と4回蒸留3回濾過によるクリアな味わいは、ジンジャーエールやトニックウォーターをはじめ、様々なフルーツジュースとの相性も抜群です。

 

と紹介されています。
二日酔いに悩む発明王(笑)
スカイウォッカの社長は「スカイウォッカは二日酔いにならない」と公言しているらしいですね。
それはさておき実際に飲んでみました。

 

ストレート

ストレートで飲んでみます。
まずファーストタッチはアルコールの甘みがきますね。
その後すぐに若干の苦みが追いかけてきます。
大人な味わいでいけます。クリア!って感じのウォッカです。さすがスカイウォッカ。

 

スポンサードリンク

 

ロック

続いて氷を入れてロックでいただきます。
これもまず甘みが来ますね。
ストレートに比べるとマイルドになって甘みの余韻を長く感じます。
ロックもいけますね。

 

冷凍

冷凍しておいたのも飲んでみます。
トロみは・・・意外とついてないですね。サラっとしてます。
最初はスーっと飲みやすいですが、後からクァッと急にアルコールが来ます。
飲んでると慣れてきますが、トロトロしてないので冷凍らしい美味しさはあまりないかもしれません。

 

トマトジュース割り

ブラッディメアリー風にいただきます。
最初はトマトジュース少なめで力強く飲みます。
口当たりはまるでウォッカを感じませんが、後味で苦みが来ます。ちょっと嫌な苦みです。
トマトジュースを追加してウォッカを薄めると苦みは全くなくなりました。

 

オレンジジュース割り

スクリュードライバーで飲んでみます。
こちらもまずはオレンジジュース少なめから・・・。
うぉ、苦い!トマトジュース割りと違って、ファーストタッチから苦味を感じます。
逆に後から爽やかなオレンジジュースが追いかけてくる。
オレンジジュースを追加すると良いバランスになりました。
こちらはオレンジジュースとウォッカ両方の味が重なった味がして、大人な味わいです。

 

まとめ

どんな飲み方でもこなす万能タイプかと思いきや、意外とクセがありました。
冷凍はイマイチですが、他は好みで飲めると思います。
一番好きなのはロックですね。
また、割り物を使う場合、割り物が少ないと苦みを感じるのが気になりました。
多めにドババっと割った方が、トマトジュースもオレンジジュースも美味しかったです。