ウォッカの銘柄(スミノフウォッカ)

ウォッカの銘柄(スミノフウォッカ)

 

世界で最も売れているウォッカの銘柄と言えば「スミノフウォッカ」。
1818年のロシアで、ピエール・スミノフによって創業された蒸留所で生まれました。
ピエール・スミノフは、当時、一級酒造家として知られており、ピエールの作ったウォッカやリキュール等は、ロシアの一般家庭はもちろんのこと、ロシア皇帝や近隣諸国の国王にも愛されるまでになり、ついには世界一の大富豪になりました。

 

しかし、1917年のロシア革命でスミノフ社は崩壊し、ロシアに留まることが出来ない状況になった当時の社長であるウラジミール・スミノフは、どうにかフランスのパリへ亡命し、パリで工場を再開。
ウォッカの製造を始めていた所に、同じくロシア人のルドルフ・クネットが、スミノフから、亡命先のアメリカとカナダにおける製造権と商標権を譲渡してほしいと申し入れ、承諾を得ました。

 

ここから、スミノフがアメリカやカナダ各地で販売されるようになり、1939年にはヒューブライン社も販売に参画して、一気に販売量が増えていきました。
その後のカクテルブームが要因となり、カクテルベースとしてさらに販売量は増えました。

 

≪詳細はこちらから≫