ロシアイメージのカクテル「バラライカ」

スポンサードリンク

ロシアイメージのカクテル「バラライカ」

映画「ドクトル・ジバゴ」で、日本でも名前を聞くようになったカクテル「バラライカ」。
名前の由来は、バラライカという名前どおり、ロシアをイメージして作られていて、ロシアの民族楽器であるバラライカから来ていると言われています。

 

作り方は、ウォッカを30ml、ホワイトキュラソーを15ml、レモンジュース15mlをシェイクして、カクテルグラスに注ぎ入れれば完成です。
分類としては、ショートカクテルに分類されます。
ホワイトキュラソーとレモンジュースで、柑橘系の爽やかな味わいが特徴のカクテルです。

 

このホワイトキュラソーとレモンジュースの割合はバリエーションが多く、ベースをブランデーにすると「サイドカー」、ベースをジンにすると「ホワイトレディ」、ラムにすると「X・Y・Z」、テキーラにすると「マルガリータ」と、様々な味わいに変わります。

 

柑橘系の風味と甘さが強めに出るので、柑橘系が好きなら男性でも女性でも味わいを楽しむことができます。

 

スポンサードリンク