ロシアの弦楽器が由来のカクテル「バラライカ」の作り方

スポンサードリンク

ロシアの弦楽器が由来のカクテル「バラライカ」の作り方

映画「ドクトル・ジバゴ」で登場してから、日本でも名前を聞くようになったカクテル「バラライカ」。
名前の由来は、バラライカという名前どおりロシアをイメージして作られていて、ロシアの民族楽器であるバラライカから来ていると言われています。
バラライカは三角形をした弦楽器で、カクテルグラスが逆三角形ですからね。
作り方は、ウォッカを30ml、ホワイトキュラソーを15ml、レモンジュース15mlをシェイクして、カクテルグラスに注ぎ入れれば完成です。
分類としては、ショートカクテルに分類されます。
ウォッカのおいしい飲み方知りたい人必見!でもご紹介したとおり、お酒の強い人にはもちろん、苦手な人でもさっぱりといただけてしまいます。
その理由はホワイトキュラソーとレモンジュースで、柑橘系の爽やかな味わいが特徴のカクテルです。
ウォッカはあらかじめ冷やしておいて、さらにシェークしてキンキンに冷やすことで、切れのあるレモンの柑橘感を一層楽しめます。
このホワイトキュラソーとレモンジュースの割合はバリエーションが多く、ベースをブランデーにすると「サイドカー」、ベースをジンにすると「ホワイトレディ」、ラムにすると「X・Y・Z」、テキーラにすると「マルガリータ」と、様々な味わいに変わります。

 

柑橘系の風味と甘さが強めに出るので、シトラス系が好きなら男性でも女性でも味わいを楽しむことができます。

 

ホワイトキュラソーはオレンジピールをブランデーに漬け込んで作るリキュールでアルコール度数は40度。
ウォッカも40度でそこにレモンジュースと氷を入れるだけですので、バラライカのアルコール度数は35度程度になります。
ウォッカが無味無臭のため、レモンとオレンジの爽快感があってクイクイ飲めてしまいますが、度数が高いので気を付けてください。

 

スポンサードリンク

ロシアの弦楽器が由来のカクテル「バラライカ」の作り方関連ページ

禁断のカクテル!?夏に試そうウォッカ・ウォーターメロン
イラン生まれのさっぱり炭酸ヨーグルトカクテル「アブドゥーク」
氷山と呼ばれるカクテル、ウォッカアイスバーグ
映画007でお馴染みのカクテルウォッカマティーニ|度数は?
神風特攻隊のように切れ味鋭いウォッカのカクテル「カミカゼ」
映画で人気爆発!女性に人気の飲み方のカクテル「コスモポリタン」
昔は割合が違った!人気のカクテル「スクリュードライバー」の味とバリエーション
女王が由来のカクテル「ブラッディメアリー」の味付けとアレンジ方法
二日酔いなりにくいカクテル、二日酔いに効くカクテル
塩にこだわるとカクテル「ソルティドッグ」は面白い!
高度数!紅茶味のウォッカカクテル「ロングアイランドアイスティー」
高度数で意味はモスクワのラバ!おすすめカクテル「モスコミュール」
映画にもなったカクテル「雪国」|飲み口が爽やかな日本代表カクテル
青い湖を意味するウォッカカクテル「ブルーラグーン」の魅力
ロマンチックなカクテル言葉を持つコーヒー味の「ホワイトルシアン」
簡単に作れるカクテル「ビッグアップル」が持つ2つの顔って?