ズブロッカのウォッカを飲んでみた感想|おすすめの飲み方は?

スポンサードリンク

ズブロッカのウォッカを飲んでみた感想|おすすめの飲み方は?

ズブロッカは香草で香りを付けたウォッカです。
香草はバイソングラス。
写真でも一本入ってるのが分かるでしょうか?
聖牛「ジュブル」が好んで食べるとされるイネ科の植物です。
ラベルに印刷されてる動物は、このジュブルでしょう。

 

ポーランドの世界遺産「ビアウォヴィエジャの森」で採れるバイソングラスを漬け込んだウォッカ。桜のような柔らかい香りと、まろやかな飲み口が特徴。バイソングラスを使ったウォッカ製造は、全世界でこのブランドだけに認められています。

 

と紹介されています。
早速飲んでみます。

 

ストレートで飲んでみる

ストレートのズブロッカのこの香り、好きですね。
薬草のような、石鹸を思わせるほんのり甘い香り。
アロマ系が好きな人ならきっと好きな香りです。
一口飲んでみると、香りそのままの味が口に広がります。

 

説明が難しい味です。
「あ、香り通りの味だな」っていうのが第一印象です。
ジャスミン茶は香りが花で、味がお茶ですが、ズブロッカは花の香りそのままの味。
いえ、花を食べたことはなんですが、食べたらこんな味なんだろうなっていう想像がそのまま口で再確認できます。

 

どっかで食べたことある味だなぁと、調べてみると「桜餅の味」と言われてるようですね。
言われてみれば、桜の香り。桜餅に似てますね。
なんとも好みが分かれそうですが、ボクは好きな味と香りです。

 

スポンサードリンク

 

ロックで飲んでみる

ロックにするとハーブの香りが大人しくなります。
やはり冷やすと香りが抑えられますね。
ハーブ感が強いすぎると感じたらロックもいいですが、ボクは香りが立つ分断然ストレート派です。
個性的で分かりやすい味が好きなんですよね。

 

ブラッディマリーにして飲んでみる

トマトジュール割りも面白い。
最初、「あれ?全然ハーブを感じない・・・」
からの、トマトジュールの味がなくなった後にふんわりハーブが香る。

 

離れ離れになったヒロインと街ですれ違って残り香で振り返る感じです。
「あぁ・・・そこにいたんだ、やっと会えたね」的な(飲みながら書いてます)

 

トマトジュース以外でも色々と割ものを試したくなります。
桜餅と相性のいい物なら、多分なんでも合うんじゃないでしょうか。
お茶なんか絶対間違いないです。
ズブロッカの和とのコラボレーションカクテルには、無限の可能性を感じます。

 

冷凍庫でトロトロに

冷凍庫で冷やしてみました。
お、ちょうどいいトロみが出ます!
近頃の蒸留酒は冷凍庫にいれてもサラサラなタイプが多いのに、ズブロッカは良い具合です。

 

冷やした分、口に広がる香りは弱くなりました。
しかし嬉しい誤算。その分ハーブっぽい香りが大人しくなり、より日本的な桜餅っぽい味になっています!
心なしか、ヨモギの香りも感じます。

 

やっぱり蒸留酒は冷凍庫で凍らせることで違った一面が見られますね。
マイナス評価になる蒸留酒も多いですが、さすがズブロッカ。凍らしても旨い。
トロトロも一流にこなす、万能ウォッカです。

 

まとめ

いくつか試しましたが、ズブロッカはどの飲み方でも美味しいです。
いや美味しいというよりも、「面白い」といった方がしっくりきます。

 

どの飲み方をしても、

 

「お~・・・そう来たか」(ニヤリ)

 

という、包容力があるウォッカです。
どんな飲み方をしても不味いよりも、面白さを感じさせるお酒ですね。
ちょっとこんな蒸留酒は珍しいんじゃないでしょうか。

 

まとめますと、おすすめなのは何と言っても味がダイレクトに分かるストレート。
そして舌触りが面白い冷凍庫。

 

その次がブラッディマリーですね。
香り系が苦手でなければ、是非色々と割ってみてください。
香りとっても和の香りに近いので、日本人ならどの飲み方でも楽しめること間違いなし。
しかも安いし、どこの酒屋でも売ってるし。

 

香りが好きな方は、まずはズブロッカ飲んでみてください。

 

スポンサードリンク