スミノフウォッカの味は?おすすめの飲み方と割り方をご紹介!

スポンサードリンク

スミノフウォッカの味は?おすすめの飲み方と割り方をご紹介!

スミノフのウォッカをいろいろな飲み方と割り方で試してみました。
実際に飲んでみて、美味しかった飲み方を紹介していきます。
何で割るかでスミノフウォッカの味が全然違っていて面白かったです。

 

ちなみに販売サイトのスミノフの紹介文は

 

3回の蒸留の後、白樺活性炭で10回も濾過。1滴1滴を作り出すのにじっくりと8時間以上もかけて濾過し、雑味・濁りを徹底的に取り除いた、無色透明のクリアなテイストが特長です。
ミックスするものを選ばず、どんなカクテルのおいしさも引き立てます。

 

こんな感じです。
何回もろ過を繰り返して純粋なアルコールを目指してるようです。
以下実際に色々な飲み方を試してみました。

 

ストレートで飲んでみる

やっぱりまずはストレートですね。基本の飲み方です。
常温でいただきます。
まず匂いですが、・・・ん?これは実験室で嗅いだ記憶がありますね。

 

あ、これ消毒液の匂いだ。

 

ツンとくるので近距離で一気に嗅がない方がいいかも。
むせます。

 

爆発するようなアルコールそのものの匂いです。
肝心の味はというと・・・アルコール自体の甘みを強く感じる…が、やっぱり「ザ・アルコール」といった感じです。
正直アルコール臭くて、ストレートでは美味くありません。
舌が痺れます。
スミノフウォッカは何かで割った方が美味しそうです。

 

スポンサードリンク

 

ロックで飲んでみる

とはいえ割る前に、大人な飲み方のロックを試さずにはいられません。
ロックにすると・・・あら不思議。急にアルコール臭さが消えます。
さすがは氷。
冷凍食品も冷えた状態では匂いが完全に消えますからね。
スミノフウォッカの場合、アルコール臭さが氷で消えて、ストレートで強く感じた甘みだけ際立つ。
これは間違いなくストレートよりロックの方が美味しいです。

 

ブラッディマリーにしてみる

気取った名前ですが、要はトマトジュースで割る飲み方です。
トマトジュースを入れても、スミノフウォッカのアルコール臭さが消えますね。
さらにアルコールの甘みでトマトジュースをそのまま飲むより甘みが増した気がします。
甘めのブラッディマリーが好きな人にはいい感じの割り方です。

 

冷凍庫で凍らせてみる

冷凍庫で凍らせるとトロトロになって口あたりが面白くなります。
本当にトロォ・・・って感じで、液体なんですが溶けていくような感覚で舌の上が気持ち良いです。
冷凍した甲斐があったってなもんですね。
冷やしたもんだからアルコール臭さも消え、完全に無臭になります。

 

まとめ

スミノフウォッカはアルコール臭さがネックです。
なのでそのままストレートで飲むと臭くて美味しくありません。
ロックにすれば臭いは消えますが、それでもロックが美味しい飲み方かかと言われれば、正直微妙ですね。

 

逆にスミノフウォッカの利点はアルコールの甘みが強いところだと思いました。
トマトジュースで割るとアルコール臭さが飛んで、さらにアルコールの甘みが残ります。
柑橘系で割っても多分美味しいと思います。
スミノフウォッカは割って飲むのがおすすめの飲み方です。

 

お酒が強い方なら、冷凍庫でトロトロにするのもいいですね。
あんかけみたいなトロトロさが面白くてハマると思います。

 

ウォッカを楽しくするおすすめグッズ

オークボトル

 

短時間で熟成が出来るマイ樽ボトルです。
通常エイジングには数年~数十年かけますが、酒が樽に触れる面積が広いので数時間~24時間で熟成できます。
ウォッカを樽熟成させたものは少ないですが、「チェイスウォッカアードベックカスク」などがそうです。
チェイス ウォッカ アードベッグ・カスクの詳細はこちら
自宅でオリジナル・ヴィンテージウォッカを作るのも楽しいですよ。

 

OAK BOTTLE (オークボトル)の詳細はこちら

 

オンザロック石

 

凍らせて薄まらない氷として使えます。
ウォッカは冷凍庫でトロトロにするのもいいですが、この氷をたっぷり入れて冷やして飲むのも旨い。
薄まらないウォッカ・ロック、もしくは冷やしたままだけど薄まらないカクテルを楽しみたいときに重宝します。

 

石のアイスキューブオンザロックスの詳細はこちら

 

ステンレスタンブラー

 

千原ジュニアさんもおすすめしてるのが、ステンレスタンブラー。
最後まで冷えたまま飲めますし、氷もなかなか溶けなくなる優れ物です。
冷やしたウォッカトニック、モスコミュールを一気飲みしたくなります。

 

サーモスタンブラーの詳細はこちら

 

スポンサードリンク