女王が由来のカクテル「ブラッディメアリー」の味付けとアレンジ方法

スポンサードリンク

女王が由来のカクテル「ブラッディメアリー」の味付けとアレンジ方法

16世紀のイングランド女王だったメアリー1世の異名が由来といわれている、カクテルの「ブラッディメアリー(ブラッディマリーとも呼ばれています)」。
メアリーが女王に即位してから、プロテスタントを約300人も処刑したことから「血まみれのメアリー(ブラッディメアリー)」と呼ばれて恐れられていたことが由来になっています。
他にも禁酒時代に飲まれていたブラッディ・サム(ジンのトマトジュース割り)に対して名付けられたという説もあります。
作り方としては、ウォッカを45ml、トマトジュース適量を、氷を入れたタンブラーに注いでステアしてマドラーを添えて完成です。
分類としては、ロングカクテルに分類されます。
お好みで、塩、胡椒、タバスコ、ウスターソース等で味を調整したり、野菜スティック等を添えたりできるのもブラッディメアリーの特徴です。
バーによってはオリジナルのトッピングがあったりするので、自分好みのブラッディメアリーに出会うためにおすすめトッピングを聞いておくのもいいでしょう。
スクリュードライバーと同じで味の調整がしやすく、口当たりの柔らかい飲み口は、飲み過ぎに注意が必要です。

 

名前の由来に似つかわしくない親しみのある味わいは、アルコールに弱い女性でも飲みやすく、人気が高いと言えるでしょう。

 

スポンサードリンク

 

バリエーション
ベースをウォッカからジンにすると「ブラッディ・サム」、テキーラにすると「ストロー・ハット」、ビールにすると「レッド・アイ」、アクアビットにすると「デニッシュ・マリー」、スコッチ・ウイスキーにすると「バノックバーン」というカクテルになりバリエーションが豊富です。
ちなみに逆にウォッカを抜くと「バージン・マリー」というカクテルになりますが、ほぼトマトジュースですね。
また、トマト・ジュースをハマグリやアサリのエキスが入った「クラマト」というトマトジュースにすると、ブラッディ・シーザーというカクテルになってこれも旨いです。
ブラッディ・マリーを一度作り、それをさらにビールで割ると「レッド・バード」、ブラッディ・マリーにビーフブイヨンを加えると、「ブラッディ・ブル」というカクテルになります。
グラスに注いだ適量のウォッカに、クラム・ジュース(ハマグリの汁)を入れると「ブラッドレス・マリー(ブラッドレス・シーザー)」とカクテルになります。
ブラッドレス・マリーは、「血抜きのマリー」や「冷血なマリー」などとも呼ばれます。

 

 

スポンサードリンク

女王が由来のカクテル「ブラッディメアリー」の味付けとアレンジ方法関連ページ

禁断のカクテル!?夏に試そうウォッカ・ウォーターメロン
イラン生まれのさっぱり炭酸ヨーグルトカクテル「アブドゥーク」
氷山と呼ばれるカクテル、ウォッカアイスバーグ
映画007でお馴染みのカクテルウォッカマティーニ|度数は?
神風特攻隊のように切れ味鋭いウォッカのカクテル「カミカゼ」
映画で人気爆発!女性に人気の飲み方のカクテル「コスモポリタン」
昔は割合が違った!人気のカクテル「スクリュードライバー」の味とバリエーション
二日酔いなりにくいカクテル、二日酔いに効くカクテル
ロシアの弦楽器が由来のカクテル「バラライカ」の作り方
塩にこだわるとカクテル「ソルティドッグ」は面白い!
高度数!紅茶味のウォッカカクテル「ロングアイランドアイスティー」
高度数で意味はモスクワのラバ!おすすめカクテル「モスコミュール」
映画にもなったカクテル「雪国」|飲み口が爽やかな日本代表カクテル
青い湖を意味するウォッカカクテル「ブルーラグーン」の魅力
ロマンチックなカクテル言葉を持つコーヒー味の「ホワイトルシアン」
簡単に作れるカクテル「ビッグアップル」が持つ2つの顔って?