飲みやすいカクテル「ブラッディメアリー」

スポンサードリンク

飲みやすいカクテル「ブラッディメアリー」

16世紀のイングランド女王だったメアリー1世の異名が由来といわれている、カクテルの「ブラッディメアリー(ブラッディマリーとも呼ばれています)」。
メアリーが女王に即位してから、プロテスタントを約300人も処刑したことから「血まみれのメアリー(ブラッディメアリー)」と呼ばれて恐れられていたことが由来になっています。

 

作り方としては、ウォッカを45ml、トマトジュース適量を、氷を入れたタンブラーに注いでステアしてマドラーを添えて完成です。
分類としては、ロングカクテルに分類されます。
お好みで、塩、胡椒、タバスコ、ウスターソース等で味を調整したり、野菜スティック等を添えたりできるのもブラッディメアリーの特徴です。
スクリュードライバーと同じで味の調整がしやすく、口当たりの柔らかい飲み口は、飲み過ぎに注意が必要です。

 

名前の由来に似つかわしくない親しみのある味わいは、アルコールに弱い女性でも飲みやすく、人気が高いと言えるでしょう。

 

スポンサードリンク