二日酔いなりにくいウォッカカクテル|ブラッディメアリー

スポンサードリンク

二日酔いなりにくいウォッカカクテル|ブラッディメアリー

ブラッディメアリーは16世紀のイングランド女王、メアリー1世にちなんだカクテルです。
メアリーは300人にも及ぶプロテスタントを処刑したことから、「血まみれのメアリー」「ブラッディメアリー」と呼ばれていました。

 

さてそんなちょっと怖い由来のウォッカカクテルのブラッディメアリーですが、二日酔いになりにくい優しいカクテルとしても有名です。
名前は恐いけど、実は体に優しいツンデレなカクテルなんです。

 

その理由はトマトジュースを使っているから。
トマトに含まれるリコピンが有害物質アセトアルデヒドを分解してくれます。
またトマトに含まれるクエン酸が胃を保護してくれるので、翌日のむかつき解消にも一役買ってくれるんです。

 

スポンサードリンク

 

同じくトマトジュースを使ったカクテルといえばレッドアイが有名ですね。
レッドアイはウォッカじゃなくてビールをトマトジュースで割りますが、その語源もトマトジュースの効用を説明してくれます。
レッドアイは二日酔いの迎え酒として飲まれていたという説があるんです。

 

つまり、飲みすぎた翌日の赤い目の日に飲む栄養満点のトマトを使ったカクテル、という意味です。
トマトジュースがいかに二日酔いに効果的か、昔から言われていたんですね。

 

こうなると二日酔いになりにくいウォッカカクテルと言えば、ブラッディメアリーで決まりでしょう。

 

スポンサードリンク