ストリチナヤ エリート、シトラス、オレンジのおすすめの飲み方!

ストリチナヤ エリート、シトラス、オレンジのおすすめの飲み方!

 

ロシア語で「首都の」という形容詞の意味を持つストリチナヤ(スタリーチナヤ)は、その名のとおりロシアのモスクワで生まれたウォッカで、ロシアを代表するウォッカとして世界中に広まったウォッカです。

 

ウォッカの本場と言われるロシアで生まれ育ち、洗練されていったストリチナヤは、厳選された良質の穀物を原料とし、ロシアの天然水と融合した口当たりがすっきりとした澄みきった味わいが特徴で、世界中から高い評価を受けており、ボトルのラベルに記された「国際酒類博覧会」の受賞メダルが、その質の高い味わいを裏付けています。

 

日本に正規輸入されているストリチナヤのアルコール度数は40度で、オリジナル以外にも、フレーバーウォッカでアルコール度数37.5度の「ストリチナヤ・オレンジ」と、「ストリチナヤ・シトラス」の2種類も日本で流通しています。
また、アルコール度数が50度になる「ストロワヤ」や、近代的なろ過方法を採用し純度を向上させた「エリート」、伝統的な製法で作られる「ゴールド」等があります。

 

スポンサードリンク

 

ストリチナヤの種類は

ストリチナヤの種類をいくつかご紹介します。

ストリチナヤ エリート

まさにエリートの名のとおり、ストリチナヤの伝統製法に近代的な冷却方法を用いて作られた一品。
-18℃まで冷却して、不純物を凍らせてから濾過することで、通常よりもクリアな味を実現しています。
世界的にもその純度の高さは有名ですが、製法の手間から生産量も少なめで価格もエリート級となっています。
おすすめの飲み方はうやっぱりストレート。

 

ストリチナヤ シトラス

シトラス風味のフレーバードウォッカです。
レモンとライムの爽やかな香りでストレートでも美味しくいただけますが、カクテルベースとしてもフレッシュジュースとの相性の良さを発揮します。
ロックがおすすめですが、柑橘ジュースとの相性も抜群です。

 

ストリチナヤ オレンジ

オレンジ風味のフレーバードウォッカです。
シトラス同様香りがいいですが、オレンジは甘味もよく感じられます。
こちらもストレートやロックがおすすめですが、カクテルでも使いやすいタイプとなっています。

 

 

≪詳細はこちらから≫

 

スポンサードリンク