夏向けカクテル「ブルーラグーン」

スポンサードリンク

夏向けカクテル「ブルーラグーン」

バーの創始者で知られる、アメリカのハリーマッケルホルンの息子である、ハリーズ・ニューヨークバーのアンディマッケルホルンが創作したカクテル「ブルーラグーン」。
ブルーという名前のとおり、鮮やかな青色のカクテルで、湖や湾を表すラグーンと併せて青い湖という意味を持ちます。
見た目が涼しげで、味もレモン風味が効いていて、夏向けのカクテルになっています。

 

作り方の1つは、ウォッカを30ml、ブルーキュラソーを20ml、レモンジュース20mlをシェイクして、氷の入ったフルート型、若しくはソーサー型のシャンパングラスに注ぎ入れ、オレンジ、レモン、チェリー等を飾りつけ完成です。
もう1つは、同じくウォッカを30ml、ブルーキュラソーを20ml、レモンジュース20mlをシェイクして、タンブラーに注ぎ入れ、氷とソーダを入れて、最後にオレンジ、レモン、チェリー等を飾りつけ完成です。

 

レモンの酸味が特徴ですが、酸味を強く感じるようなら、レモン果汁とミネラルウォーターで、レモンジュースより柔らかいブルーラグーンを作ることができるので試してみましょう。

 

スポンサードリンク