ウォッカの銘柄(アブソルートウォッカ)

ウォッカの銘柄(アブソルートウォッカ)

 

ウォッカの代表的な銘柄の1つとして有名かつ歴史の長いアブソルートウォッカ。
19世紀末のスウェーデンで、アブソルート社の社長であるラルス・オルソン・スミスが、ウォッカの純度を高める当時の新技術「連続式蒸留」を導入し、スウェーデンのウォッカ業界に革命をもたらし、スミスは後に「ウォッカ王」と呼ばれるようになります。

 

その後、改良を繰り返し洗練されていったウォッカは、1979年にアブソルートウォッカとして、初めての海外進出(アメリカ・ニューヨーク)を果たし、その味わいから人気が爆発し、売上を順調に伸ばし続けたアブソルートウォッカは、1985年に輸入ウォッカとしてアメリカで売上No.1を獲得しました。
現在では世界130カ国以上に広まり、世界中で愛される有名ブランドへと成長しました。

 

原料は冬小麦で、連続式蒸留器で蒸留することで、独特の香りを持つ純度の高いウォッカに仕上げています。
アルコール度数が40度で、穀物を思わせる香味と、ほのかに香るドライフルーツの香りが特徴のウォッカです。

 

≪詳細はこちらから≫