おすすめのフレーバードウォッカといえばリモンナヤは外せない

おすすめのフレーバードウォッカといえばリモンナヤは外せない

 

ロシアのフレーバードウォッカである「リモンナヤ」は、ロシア語でレモンウォッカという意味で、その名の通りレモンフレーバーのウォッカです。
鮮やかなレモン色と、そのレモンの爽やかな風味が楽しめるフレーバードウォッカの一種です。
アルコール度数は40度と標準のウォッカと同じですが、レモン風味と程よい甘味、見た目が鮮やかなレモン色をしていることもあり、人気の高いフレーバードウォッカです。

 

ウォッカの原料は?材料と種類によって味に違いはあるのか徹底解説!でもご紹介していますが、フレーバードウォッカは色々な種類がありますが、特にリモンナヤはファンが多いことでも有名。

 

リモンナヤにはちょっとした歴史があります。
かつてのソ連がロシアへと変わりゆく時代の初期に、東京のソ連物産専門店のベリョースカ(白樺)によって日本に輸入されましたが、ベリョースカが解散し、その後長い間販売されていませんでしたが、2012年から以前と変わらぬレシピとデザインで、日本で再び販売されるようになりました。

 

スポンサードリンク

 

再びリモンナヤが楽しめるようになったのはごく最近のことなんですね。
ウォッカには、無色透明とフレーバー&カラーウォッカの2つの種類がありますが、リモンナヤはフレーバー&カラーウォッカの流れを受け継いだ代表格とも言えるフレーバードウォッカです。
柑橘系の爽やかな風味が心地良く、ロック、ソーダ割り、カクテル、どんな飲み方にもマッチするフレーバードウォッカです。
ストレートで飲むなら冷凍庫でトロトロにして飲んでみてください。
とても飲みやすいフレーバードウォッカですが、お値段は少し高めなので要注意です。

 

リモンナヤを使ったカクテル
スパシーバ
ロシアの国花である向日葵をイメージし、ロシア語の「ありがとう」という意味の名前です。
酒向バー(東京・銀座)の喜多容子氏作の日本生まれのカクテルです。

 

リモンナヤ 25ml、アップルマンゴージュース 30ml、シシリーライムジュース 5mlをシェークしてカクテルグラスに注いで完成です。

 

 

≪詳細はこちらから≫

 

スポンサードリンク