ズブロッカの種類は「ノーマル」と「プロ」がある?本場の割り方は?

ズブロッカの種類は「ノーマル」と「プロ」がある?本場の割り方は?

 

ポーランド随一と言われるスピリッツメーカーのポルモス・ビャウィストク社が製造しているズブロッカ。
「ビアウォヴィエジャの森」というポーランドの世界遺産で自生し、ヨーロッパバイソンが好んで食べる「バイソングラス」が原料になっています。
ポーランドでウォッカが普及し始めた14世紀頃には、「焼けるように熱いお酒」という意味の「ゴジャウカ」と呼ばれ、水やリンゴ等の果汁で薄めて飲まれていました。
まだ蒸留技術が発達せず、強いクセが残るウォッカに、ハーブや果物の抽出液を添加することでクセを和らげる工夫をし始めました。
そこからバイソングラスのエッセンスも生まれ、フレーバーウォッカとして王家にも親しまれていました。

 

スポンサードリンク

 

アルコール度数は40度で、まろやかな飲み口と、別名「バニラグラス」「スウィートグラス」と呼ばれるバイソングラス特有の甘い香りが特徴で、バイソングラスを原料にウォッカの製造を認められているのは、世界中でこのブランドだけになっています。
モンドセレクション等で数々の賞を受賞した実績と、300年以上の歴史が紡ぎだす味わいは特別なものです。

 

桜餅に例えられる香りと、さわやかな甘さが特徴となっています。
冷凍庫でトロトロにしたストレート、またはトニックウォーターなどで割ったものを飲むのが人気の飲み方。
本場ポーランドではアップルジュースで割った「シャルロッカ」という飲み方が人気です。

 

ズブロッカの種類

ズブロッカ プロ 52度

バイソングラスの香りと味を残しつつ、アルコール度数を52%にしてパンチを効かせたズブロッカです。
桜餅の風味はそのままに、高い度数らしい強烈なアルコールの甘みを感じることができます。
7回蒸留が生むクリアな味を是非ストレートで味わってみてください。

 

 

≪詳細はこちらから≫

 

スポンサードリンク